「オートファジー」でノーベル賞 大隅先生の苦言はモノづくりの世界にも通ずる(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
161006     45

東京工業大学の大隅良典先生が2016年度ノーベル医学生理学賞を受賞しました。細胞の「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した業績を評価されての受賞です。おめでとうございます!

私は日大出身ですが、外部研究生として東工大で卒業研究をさせてもらいました。研究室にいたのはたった1年ですが、こうして東工大からノーベル賞受賞者が出たというのは嬉しいものですね。ただ、大隅先生の言葉を聞いていると、ご本人は意外に冷めた目で今の状況を見ているんではないかと...。

今日はモノづくりに関わる立場から大隅先生の言葉を掘り下げてみようと思います。

「『科学が役に立つ』というのが数年後に企業化できることと同義語になっている」

(引用)

ノーベル賞・大隅氏 「科学が役に立つのは100年後かも」(引用元:東京新聞 TOKYO Web 2016年10月4日 朝刊)

この記事によれば、大隅先生は受賞後の記者会見で「この上なく名誉なこと。数ある賞の中でノーベル賞には格別の重さを感じている」と素直に喜びを表す一方で、こんなコメントも残したとされています。

「今、科学が役に立つというのが数年後に企業化できることと同義語になっているのは問題。役に立つという言葉がとっても社会を駄目にしている。実際、役に立つのは十年後、百年後かもしれない」。

裏を返せば、「すぐに製品化することができるもの」、「数年後に企業に利益をもたらしてくれるもの」ばかりをもてはやし、そうでないものは「役に立たない」と切り捨ててしまう風潮に釘を刺しているのです。

「長期的な視野(基礎研究)を疎かにして、日銭を稼ぐこと(応用研究)ばかり考えていると、日本の未来はありませんよ」

そんな大隅先生の声が聞こえてくるようです。

大隅先生は地道に研究成果を積み重ね、今回のノーベル賞受賞で自然科学界の頂点に立ちました。しかし、それは過去の貯金によるもの。トップに立った時、将来に向けてどんな蓄えをしていくかで今後の10年、20年が決まっていきます。

たとえノーベル賞を受賞しても、そのことだけで日本の将来は保証されないのです。

(続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者について

Yamada

山田龍也 弁理士・クロスリンク特許事務所所長

1964年、東京都品川区生まれ。日本大学文理学部化学科卒業。 化学メーカーで約6年半、写真用化学薬品の研究に従事した後、特許事務所に転職。 2011年4月に弁理士登録。2015年1月に独立。特許実務の経験は18年。 「一見、難しそうな知的財産について、わかりやすくザックリ説明する」をモットーに、 ものづくり系中小企業の特許、意匠、商標の出願や権利化をサポートしている。

クロスリンク特許事務所
http://xlinkpat.jp/

最新記事