子供向けの活動をしている団体ならぜひ申請したい!子ども夢基金とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Shutterstock 594887747

「子どもを対象にした活動をやっているけれども、いつも資金難」
「団体として新しいチャレンジをしてみたいけれど、きっかけが無い」
「補助金に興味はあるけど、なんだか大変そうなので申請する勇気が無い」

そんな団体の方に是非おすすめしたいのが、「子ども夢基金」です。実際に申請して、これまでに3回ほど採択された経験から、いくつかのポイントをご紹介します。

平成30年度子どもゆめ基金助成の特徴

この補助金の特徴は、

・子どもを対象とする活動を行っている団体であれば、ほとんどが申請できる。法人格が必要などのしばりがない。
・申請書のフォームも分かりやすく、初心者でも記入しやすい。
・活動実績が殆ど無くても、事業の内容に魅力があれば、補助金が出ることが多い。
・事務局の方がとっても親切な方が多いので、初心者でも申請しやすい。
・電子申請が便利
・採択されれば、30-50万程度の補助金が出る。(※教材開発については500-1000万)

など沢山の魅力があります。

どんな活動が対象になるの?

では、具体的にどんな活動が対象になるのでしょう?

詳しくはウェブページをご覧いただきたいのですが、大きく分けて3つの部門に分かれています。

・子どもの体験活動
・子どもの読書活動
・子供向け教材開発・普及活動

このうち、やはり子どもの体験活動への申請をお考えの方が多いと思います。

子どもの体験活動の事例を見ますと、

・自然体験活動
・科学体験活動
・交流を目的とする活動
・社会奉仕体験活動
・職場体験活動  などいくつかに分類されており、これらに該当すれば、申請対象となります。

採択されるコツはあるの?

補助金というと、競争率が高い印象があるかと思うのですが、この補助金は、申請書の内容がしっかり書けており、魅力のあるプログラムになっていれば、比較的採択されやすい印象があります。一般的な補助金の採択率が40%くらいだとすると、55-60%ぐらいまではいくのではないでしょうか?

これが、補助金申請初心者でもオススメ!だと思う最大の理由です。

気になる申請期間は?

現在1次募集が既に始まっています。

活動期間:平成30年4月1日~平成31年3月31日
郵送申請:平成29年10月2日~11月14日
電子申請:平成29年10月2日~11月28日

となっています。まだまだ間に合いますよ!

申請して採択されたことが何度もあるから言える結構重要なポイント

「よし!じゃあ申請してみよう!」と、紙のフォームをダウンロードしようとしたあなた、ちょっとお待ちください!絶対とは言いませんが、電子申請のほうが、お勧めですよ!なぜなら・・・

・電子申請のほうが申請締め切りが2週間も長い。
・経費計算のところで、電子申請ならば、自動計算してくれるのでミスが出ない。

ただし!注意点もあります。

・ブラウザによっては、動かない場合がある。
・マイページをいきなり閉じると、1時間はログイン出来なくなる(これで何度も涙目になりました)
・採択後、PCだけで報告書がすべて完結しない。郵送しないといけないものもある。

以上のことを踏まえつつ、ぜひ電子申請画面でまずはIDを取得してくださいね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加