くまモンに学ぶ知財戦略 ~オープン戦略~(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kuma

助成金コラムをご覧の皆さん、こんにちは!

クロスリンク特許事務所のヤマダです。

このコラムでは助成金・補助金に拘らず、中小企業の経営にも役立つ知的財産に関する情報をお伝えしていきたいと思います。よろしくお願いします。


「くまモンのキャラクター利用料は、なんと無料!」

くまモンはあれだけの人気者なのに、キャラクター利用料は、なんと無料だそうです。くまモンは公募ではなく、プロのデザイナーに作らせたキャラクターです。熊本県はデザイナーから、くまモンの著作権を買い取り、商標登録もしています。それなりにお金がかかっているはずです。

普通なら、「キャラクター利用料を取ろう!そうすれば、今までかかった費用を回収できるし、うまくいけば利益も出ちゃうかも…(ムフフ)」と、考えてしまいそうです。

それにもかかわらず、熊本県はなぜ利用料を取らないのでしょうか?私が考えるところ、理由は以下の2つです。

「利用料をタダにする理由(その1) ~市場を拡大する~」

利用料を無料にして、くまモンのキャラクターをたくさん使ってもらい、くまモンの露出量を上げ、その広告宣伝効果によって市場を拡大する、という考え方なのだと思います。利用料が無料であれば、くまモンのキャラクターを利用したい企業がたくさん出てきます。

たくさんの企業がくまモンのキャラクターを利用する

⇒ くまモンが人目に触れる機会が増え、ネット上にも拡散される
⇒ くまモンの露出量が上がる
⇒ 熊本県のPRにつながる
⇒ 市場の拡大につながる

という図式です。くまモンは、熊本県のイメージアップ、産品販売や観光客誘致の面で、熊本県に莫大な利益をもたらしていると言えるでしょう。もし熊本県がくまモンのキャラクター利用料を取っていたら、これほどまでに、くまモンの露出量は増えなかったかもしれませんね 。

次回はもう1つの理由についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者について

Yamada

山田龍也 弁理士・クロスリンク特許事務所所長

1964年、東京都品川区生まれ。日本大学文理学部化学科卒業。 化学メーカーで約6年半、写真用化学薬品の研究に従事した後、特許事務所に転職。 2011年4月に弁理士登録。2015年1月に独立。特許実務の経験は18年。 「一見、難しそうな知的財産について、わかりやすくザックリ説明する」をモットーに、 ものづくり系中小企業の特許、意匠、商標の出願や権利化をサポートしている。

クロスリンク特許事務所
http://xlinkpat.jp/

最新記事