補助金初歩の初歩「創業補助金」その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Shutterstock 306628412

前回の「補助金初歩の初歩1」はこちら


こんにちは。しろねこ行政書士事務所の秋山です。

今回は、前回に引き続き創業補助金について書きたいと思います。

創業補助金の落とし穴

実は…創業補助金には大きな落とし穴があるのです。 前回、創業補助金の説明で私は「お金がもどってくるのです」と書きましたが、 ここで、 「ん?」 と気が付かれた方、いらっしゃいましたでしょうか? 創業補助金は、私が書いたようにかかった経費に対し、後から「お金がもどってくる」のです。

という事は…

そうです!

事前に自己資金が必要なのです!!

よく事務所に相談に来られる方で、「補助金は申請して採択されると、すぐにお金が振り込まれる」と勘違いされている方がいらっしゃいます。

創業補助金には、事業完了年月日がいついつまでと定められています。 この日までに、HP制作の経費を申請したなら制作を終わらせ「完了報告書」を出して初めて補助金が振り込まれるのです。 HP制作にかかるお金は先に自分で用意しなければなりません。 自己資金がある人ならいいのですが、無ければ借りるしかありません。

日本政策金融公庫のお得な融資も

幸い今は、日本政策金融公庫が低利で融資してくれ当事務所でも融資の書類の代行もしています。 女性、若者、シニアの起業希望の方向けにさらに低金利になるサービスもあったりします。 創業補助金の申請は自己資金の都合をつけてからにしましょう!

余談ですが、相談に来られる方で当事務所を司法書士事務所と間違えて来られる方がいます。 確かに、一般の方には違いがわかりにくいですよね。かくいう私も資格を取った時、行政書士が何をする人かわかりませんでした。 会社の登記なら司法書士の先生のところに行きましょう。 あ、司法書士の先生の費用も、創業補助金の経費の対象になりますからね!


秋山先生、有難うございました!

もうすぐ8月といえば、、徳島の阿波踊り!秋山先生は、徳島を盛り上げるためにこちらのサイトの運営もされています。独自取材記事が好評だそうですので、ぜひご覧ください!

「スケジュールから観光プランまで、徳島県の阿波踊り情報を詰め込みました!近々、お土産ページもオープン予定。Facebookは独自取材記事が好評です。(秋山)」

阿波踊り完全ガイドHP
徳島阿波踊り完全ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加