2018年度 預保納付金に係る助成事業(犯罪被害者等支援活動を行う事業)

目的

この助成金は、振り込め詐欺救済法に基づく預保納付金を用いた犯罪被害者等の支援事業に対し、日本財団が担い手として交付するものです。

補助金額

対象者

以下の要件をすべて満たしている団体が対象となります。

1.公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、一般社団法人、社会福祉法人、認定特定非営利活動法人、特定非営利活動法人、ボランティア団体をはじめとする犯罪被害者等を支援する非営利団体

2.政治上の主義を推進し、支持し、又はこれに反することを目的としない団体

3.特定の事件や特定の者に対する支援を行うことを目的としない団体

4.役員及び役員に準じる者のうち、次のいずれかに該当する者がいないこと
(1)禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して二年を経過していない者
(2)人の生命又は身体を害する罪(過失によるものを除く。)を犯したことにより、罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して二年を経過していない者
(3)暴力団員による不当な行為防止に関する法律(平成三年法律第七十七号)第二条六号に規定する暴力団員又は暴力団員でなくなった日から五年を経過しない者(以下「暴力団員等」という。)
(4)その他支援事業に関し不公正な行為を行なうおそれのある者
(5)暴力団員等がその事業活動を支配する法人等でないこと

5.その他、本財団が適当と判断する者

助成対象事業

民間の犯罪被害者支援団体の運営基盤と支援活動をさらに充実させ、犯罪被害者の誰もが、どこにいても、いつでも支援を受けることができるよう、次のテーマを柱に支援します。

1.犯罪被害者支援団体の自立に向けた基盤づくり
2.犯罪被害者をささえる人づくり
3.犯罪被害者支援活動の充実
4.その他、先駆的な取り組み

助成対象経費

助成事業の実施に必要な経費

助成率

<対象1>
公益財団法人、公益社団法人、一般財団法人、一般社団法人、社会福祉法人、認定特定非営利活動法人、特定非営利活動法人

補助率:原則100%、上限金額なし

<対象2>
ボランティア団体(法人格が無い団体)

補助率:原則100% 原則100万円

助成対象期間

2018年4月1日以降に開始し、2019年3月31日まで

申請先

日本財団 公益事業部 国内事業開発チーム 預保納付金事業担当 〒107-8404 東京都港区赤坂1-2-2

カテゴリー
その他、NPO対象、地域活性
対象地域
全国
募集期間
2017-10-02 〜 2017-10-31
期間補足

無料会員に登録すると「過去の助成金」と「期限の迫った助成金」の検索ができます。