平成29年度 ゆたかなふるさと助成 (スタートアップ分野)


瀬戸内オリーブ基金の助成制度は、全国のみなさまからのご寄付を、瀬戸内海一帯で活動している環境活動団体に届け、その活動成果を瀬戸内海地域に還元するものです。
瀬戸内海は、世界でも有数な閉鎖性海域であり、日本一広大な国立公園です。この土地が本来もつ、海と森との絶妙な関係や自然が共存できる環境は、日本を象徴する美しいふるさとです。
瀬戸内海の豊かな自然、ふるさとを子どもたちに残すために活動している環境活動、環境教育活動を支援しています。

<スタートアップ助成のねらい>
スタートアップ助成は、
 瀬戸内海で自立し持続的な活動ができる環境 NPO を目指す団体の活動
 瀬戸内海で新たに始める独創的な自然保護事業 に必要な経費を支援する助成制度です。 財政規模が比較的小さな団体の活動や、資金の確保が難しい新たに始める活動をじっくり支えるプログラムです。

<スタートアップ助成の特長>

スタートアップ助成では、活動に必要な直接経費のほか、助成額の 20%を上限として人件費・事務局諸経費を含めることができます。
活動が定着するまで最長 3年間、助成を受けることができます。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する