平成29年度「宿泊施設インバウンド対応支援事業」(第4弾)二次募集

この事業は、宿泊事業者(5以上)による協議会が「訪日外国人旅行者受入態勢拡充計画」を策定し、国土交通大臣の認定を受けた後、各宿泊事業者が実施するWi-Fiの整備、自社サイトの多言語化などの経費の1/3(上限100万円)を支援し、訪日外国人が快適に利用できる宿泊施設の拡大を図るものです。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する