建設業向けファクタリング業者6選!業界特化型を比較【2024版】


最終更新日:

建設業界は工事の受注から入金まで時間がかかるケースが多いため、キャッシュフローが滞ってしまうこともあるでしょう。建設業とファクタリングの相性は非常に良いです。

ファクタリングなら、金融機関からの融資よりも素早く資金繰りを改善できます。

  • 建設業はどのファクタリング会社の利用がおすすめなの?
  • 建設業界特化型のファクタリング会社を選ぶ際の注意点が知りたい

本記事では建設業にファクタリング利用がおすすめの理由や契約時の注意点を紹介します。建設業でファクタリングの利用を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

建設業特化型ファクタリングのおすすめ業者6選

建設業特化型ファクタリングのおすすめ業者6選

建設業におすすめのファクタリング会社は以下の通りです。

それぞれ順に解説します。

日本中小企業金融サポート機構は審査通過率が高く手数料も1.5%〜

日本中小企業金融サポート機構
手数料 1.5%〜10%
入金速度 最短3時間
審査通過率 95%以上
利用対象者 個人事業主、法人
利用可能額 制限なし
必要書類 申込書、通帳のコピー、売掛債権、身分証
契約方法 2社間、3社間
債権譲渡登記の有無 非公開

日本中小企業金融サポート機構は総支援額113億円以上、27業種以上に対応しているファクタリング会社です。取引社数は4,800以上となり、さまざまな企業へファクタリングを中心とした資金調達のサポートを実施しています。

日本中小企業金融サポート機構の審査通過率は95%以上で、手数料も業界最低水準の1.5%〜です。初めてファクタリングを利用する人でも申し込みやすく、コストを抑えて利用ができます。利用額にも制限はなく、個人事業主や法人など対象者に縛りもありません。ファクタリング利用経験のある事業者にとっても

日本中小企業金融サポート機構は2社間、3社間ファクタリングの両方を提供しています。

電話や専用フォームから申し込みが可能です。必要書類の提出はLINEから手続きができるため、忙しい事業者でも簡単に済ませられます。クラウドサインを導入していることから、完全オンラインで契約が可能です。対面で手続きする必要もないため、外出中や自宅からでも資金調達を実現できるでしょう。

また、日本中小企業金融サポート機構は、関東財務局・関東経済産業局長による「経営革新等支援機関」に認定されています。ファクタリングを中心に経営者に対して専門的な支援を可能にしています。

公式HPでは即日調達診断を提供しており、簡単な2つの質問に回答するだけで調達可能額を確認できます。所要時間は10秒程度となるため、時間がない事業者にも最適です。

豊富な実績を用いてファクタリングを中心にさまざまなサポートを行います。ファクタリング以外にも包括的に資金調達を実現したい事業者は、日本中小企業金融サポート機構をチェックしてみてください。

日本中小企業金融サポート機構の公式HP

ピーエムジーは総合金融支援のプロフェッショナル集団

ピーエムジー
手数料 2%〜
入金速度 最短即日
審査通過率 98%以上
利用対象者 法人
利用可能額 10万〜2億円
必要書類 請求書、通帳、契約書
契約方法 2社間、3社間
債権譲渡登記の有無 不要

ピーエムジーは独立系ファクタリング企業売上No. 1のファクタリング会社です。ゼネラルリサーチのアンケート調査での4年連続No. 1を達成している企業であり、様々な調査項目で高い評価を得ています。契約総数は18,000件以上、買取総額は987億円以上に上ります。

ピーエムジーでは2社間、3社間の2つファクタリング方法を提供しています。2社間ファクタリングを利用すれば、最短即日に資金調達が可能。3社間契約なら最短2日でコストを最大限抑えて調達を実現します。

また、ピーエムジーは総合金融支援のプロフェッショナル集団としてサービスを提供。ファクタリング以外にも、金融支援や本業・財務支援など様々な事業を提供しています。

金融支援ではファクタリング事業を中心に補助金・助成金サポート、資金調達支援を行なっています。補助金・助成金サポートでは、国や全国の自治体が提供する補助金情報を把握し、事業者に最適な制度の申請から受給までをサポートします。完全成功報酬となるため、補助金を獲得するまでコストが発生することはありません。

資金調達支援では、資金調達計画の立案から事業計画の作成支援・融資実行まで一気通貫でサポート。融資が行われるまでの期間短縮や調達確率アップなどの要望にも対応しています。中長期的な資金繰りも改善できるため、ファクタリングで補完できない部分も対応します。

包括的に資金繰りを改善したい建設業の事業者にとって、資金調達支援は最適なファクタリング会社と言えるでしょう。

PMGの公式HPへ

ペイトナーファクタリングは業界最高水準の最短10分で入金が可能

ペイトナーファクタリング
手数料 10%
入金速度 最短10分
審査通過率 92.25%
利用対象者 個人事業主、法人
利用可能額 初回は25万円まで
必要書類 請求書、通帳、身分証
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 非公開

ペイトナーファクタリングはフリーランスや個人事業主でも利用できるファクタリング会社です。弊社がペイトナーファクタリングへ取材をした際、利用者の中で最も多い業種は建設業と運送業と言っていました。

ペイトナー株式会社のオフィスに取材

累計申請件数は10万件以上を誇り、利用時は事業計画書などの書類は不要です。ペイトナーファクタリングはAIによる審査を導入しているため、煩わしい手続きをなくして資金調達が可能です。

ペイトナーファクタリングは業界最高水準のスピード最短10分で入金を実現します。会員登録をした当日から利用でき、複雑な手続きを行う必要もありません。利用時に初期費用や月額費用などは一切かかることはなく、サービス利用料一律10%だけです。利用手数料は固定となるため10%以上の費用は不要です。

初回は25万円が上限金額となりますが、2界目以降は25万円以上の請求書でも買い取ってもらえます。会員登録するだけですぐに利用を始められるため、他社のファクタリング会社よりも効率的に資金調達が可能です。

サービスの利用はGoogleアカウントからでも登録ができます。

公式HPではペイトナーファクタリングを利用する手順を実際の画面を用いて体験できます。どのような手順で請求書を登録するのか、情報を入力するのか確認できるため、ファクタリングを初めて利用する人でも安心できます。気になる人はペイトナーファクタリングをチェックしてみてください。

ペイトナーファクタリングの公式HPへ

トップ・マネジメントは公共工事の売掛債権買取実績あり

トップ・マネジメント
手数料 0.5%〜12.5%
入金速度 最短即日
審査通過率 90%以上
利用対象者 個人事業主、法人
利用可能額 最大3億円
必要書類 請求書、通帳
契約方法 2社間、3社間
債権譲渡登記の有無 非公開

トップ・マネジメントは創業13年の実績を誇るファクタリング会社です。申し込みから契約手続きまではすべてオンラインで実施しており、対面で手続きする必要はありません。トップ・マネジメントは他社にはない独自のファクタリングプランを提供しており、事業者に最適なサービスを提供します。

トップ・マネジメントでは豊富な契約プランから、公共工事の売掛債権を買取した実績もあります。実際に3,000万円以上の売掛債権を買い取った実績があり、2社間・3社間それぞれで買取を行なっています。建設業ならではの支払サイトの長い請求書でも、トップ・マネジメントなら対応しています。外注費や材料費の支払い期日に間に合わない場合でも、トップ・マネジメントなら無理なくサービスの利用が可能です。

また、トップ・マネジメントは請求書ファクタリング以外にも、見積書・受注書・発注書ファクタリングにも対応しています。発注書ファクタリングを利用すれば、請求書よりも早いタイミングで資金調達が可能です。さらに、トップ・マネジメントではコンサルティングサービスも提供しています。ファクタリングだけでは解決できない問題に対しても、真摯に向き合い解決策を提示してくれます。

公共工事の売掛債権買取実績のあるファクタリング会社を探しているなら、トップ・マネジメントをチェックしてみてください。

トップ・マネジメントの公式HPへ

ファクタリングのトライは建築会社の売掛債権500万円買取実績あり

ファクタリングのトライ
手数料 3%〜
入金速度 最短即日
審査通過率 90%以上
利用対象者 個人事業主、法人
利用可能額 10万〜5,000万円
必要書類 申込書、通帳のコピー、売掛債権、身分証
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 なし

ファクタリングのトライは全国対応の最短即日入金を行うファクタリング会社です。2社間ファクタリングを中心にサポートを提供しており、取引先に情報を知られることなく資金調達を実現します。

ファクタリングのトライはこれまでに建築会社の売掛債権500万円買取実績があります。調達金額は500万円、目的は材料費・人件費で申し込み当日に調達ができます。売掛債権の全額を買い取ってもらうわけではなく、一部を残した状態で調達に成功しています。直接来社して手続きを行なっているため、手続きもスムーズで即日入金が可能です。

また、ファクタリングのトライは手数料が3%〜となり、業界内でも良心的な設定となっています。申し込み金額によって具体的な金額は異なるものの、初めてでも安心して資金調達を進められます。契約時は債権譲渡登記は不要となっており、情報を秘匿した状態で契約が可能です。第三者や取引先にファクタリングの利用がバレたくない場合でも、最適なサービスと言えるでしょう。

実際に建設業の売掛金を即日買取・入金してもらえるファクタリング会社を探しているなら、ファクタリングのトライをぜひチェックしてみてください。

けんせつくんは業界屈指の建設業特化型ファクタリング

けんせつくん
手数料 5%〜
入金速度 最短2時間
審査通過率 90%以上
利用対象者 個人事業主、法人
利用可能額 上限なし
必要書類 請求書、通帳、身分証
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 非公開

けんせつくんは建設業界に特化したファクタリング会社です。売掛金を即日で現金化でき、建設業で資金調達に悩みを抱えている事業者に最適化されています。利用者の顧客満足度は94%以上、完全オンライン手続きが可能です。

けんせつくんは請求書に限らず、注文書を活用した資金調達にも対応しています。建設業界は支払いサイトの長い案件が多いことから、注文書ファクタリングとは非常に相性が良いです。受注時の注文書でも対応しているため、早いタイミングで資金繰りの改善を実現できます。

また、けんせつくんは審査開始から最短2時間、業界最速のスピードで入金してくれます。建設業界に特化したファクタリング会社は非常に少ないものの、圧倒的なスピードで対応が可能です。契約はスマホだけで完結でき、全国に対応しています。WEB上で申し込み手続きできるため、外出中でもファクタリング会社を進められます。

利用者は建設業界の事業者なら誰でも利用可能。契約対応は建設業界の経験者が担当するため、知識・経験が豊富なスタッフに相談しながら資金調達を進められます。手数料は業界最安水準5%〜です。建設業界特化型のファクタリング会社の中でも、破格の手数料で利用が可能です。

さらに、けんせつくんは開業したばかりや他のファクタリング会社から利用が断られた事業者でも利用できます。申し込みはメールフォームやLINEから手続きが可能です。建設業界に特化したファクタリング会社を利用したい場合は、ぜひけんせつくんをチェックしてみてください。

建設業はファクタリングの利用でキャッシュフローが回る

キャッシュ

建設業の資金繰りはファクタリングを利用することでキャッシュフローが回りやすくなります。建設業は一つのプロジェクトに集中して稼働するため、ある程度の規模感がある事業者でなければ資金繰りが厳しくなるでしょう。

材料費や人件費も立て替えが一般的なため、必要資金はすべて前払いとなります。

近年は建築材料費が高騰しているため、建設業界全体で資金繰りに大きな影響を与えています。しかし、ファクタリングを利用することで、資金繰りの悪影響を断ち切れます。

ファクタリングは請求書を事前に買い取ってもらえるため、入金前に資金調達が可能です。急な発注や材料費が必要な場合でも、ファクタリングなら早急に現金を用意できます。

調達した資金は負債にならず、請求書金額の事前調達として表記されます。そのため、建設業ではファクタリングの利用によって、キャッシュフローの改善が見込めると言えるでしょう。

建設業特有の支払いサイトが長い売掛債権を現金化できる

売掛債権

ファクビッグボーイリングを利用することで建設業特有の支払いサイトが長い売掛債権でも、スムーズに現金化が可能。一般的に建設業は支払いサイトが長く、120日先の入金日が設定されているケースも少なくありません。

建設業の費用は元請けから下請け企業に対して支払いが発生してから入金が行われます。多重下請け構造になっていることが多く、保有している売掛債権の回収に時間がかかってします。

また、建設業は工事着工から完成までに時間がかかります。建築物の規模によっては完成までに数年以上の時間が必要になるケースも少なくありません。建築物が完成した後も成果物を確認する必要があり、入金まで長期化する傾向にあります。

しかし、ファクタリング会社を利用すれば、支払いサイトの長い売掛債権でもスピード感を持って資金調達を実現します。入金までに時間がかかりすぎると、事業運営自体にも影響が発生。

そのため、建設業界特有の支払サイトが長い売掛債権とファクタリングは非常に相性が良いと言えるでしょう。

支払いサイトが長い売掛債権は手数料が割高傾向になる

ファクタリングにおいて支払いサイトが長い売掛債権が手数料が割高傾向にあります。売掛債権は支払いサイトが長いほど、回収できないリスクが高くなります。ファクタリング会社が最も危惧している点は、買い取った売掛債権が不良債権になってしまうことです。

例えば、現時点で経営面が順調だったとしても、数ヶ月先には予期せぬトラブルで結果的に経営悪化で倒産してしまう可能性もあります。支払いサイトが長ければ売掛金を回収できなくなるリスクがあり、安心して担保できるよう手数料を高く設定しているケースが多いです。

そのため、支払いサイトの長すぎる売掛債権はコストパフォーマンスの関係上、ファクタリングに向いていない可能性が高いです。手数料をできるだけ抑えるなら支払いサイトの短い売掛債権を中心に契約すると良いでしょう。

通常のファクタリングよりも建築業特化型の業者を選ぶ

建設業の売掛債権を買い取ってもらいたい場合は、通常のファクタリングではなく建設業特化型の業者を選びましょう。通常のファクタリング会社では、支払いサイトの長い売掛債権の買取に対応していないケースが多いです。

一方、建設業特化型のファクタリング会社は支払いサイトの長い売掛債権でも対応しています。建設業界の支払いサイトの長さや工事進捗の状況を十分に理解しているため買取を可能にしています。さらに、建設業界特化型のファクタリング会社の場合、業界に精通した専門スタッフが在籍しています。案件の状況に合わせて資金繰りに関する相談に乗ってくれるため、安心してサポートを任せられるでしょう。

信用情報は関係なし!審査基準は取引先(売掛先)の信用力

ファクタリングにおいて信用情報は一切関係ありません。基本的にファクタリングの審査基準になるのは、売掛先(取引先)の信用力です。

金融機関からの融資やローンは資金を借り入れるため、利用した時点で信用情報に影響があります。一方、ファクタリングは資金を借り入れるのではなく、売掛債権を現金化して資金調達を行う手法です。

ファクタリング会社自体も信用情報機関に加盟していないことが多いことから、個人の信用情報を参照することもできません。そのため、ファクタリングを利用する事業者が赤字だったり、税金を滞納していたとしても審査には関係しません。

また、ファクタリングの審査は「売掛先が通常通り請求金額を支払ってくれるのか」や「そもそも売掛先が倒産してしまい不良債権にならないか」がポイントになります。

取引先の企業規模や経営状態などを参照し、不良債権にならないかをファクタリング会社は審査します。信用情報に問題を抱えている事業者でも、取引先に問題がなければスムーズにファクタリングによる資金調達を実現できるでしょう。

個人事業主・フリーランスでもファクタリングは利用可

ファクタリング契約は個人事業主・フリーランスであっても問題なく利用が可能です。ファクタリング会社によっては事業会社のみを対象としているケースもあるものの、基本的には事業形態に関わらずサービスを活用できます。

個人事業主・フリーランスでも売掛債権があればファクタリングを利用でき、取引先の状況が良好であれば審査に通過する可能性も高いです。

特に個人事業主・フリーランスを中心にサービスを提供しているファクタリング会社は手数料が安かったり、入金スピードが早かったりします。

2社間ファクタリングを採用している会社なら、取引先にサービスの利用がばれることなくスピーディーな資金調達を実現できるでしょう。

ただし、売掛債権を保有していなければファクタリングは利用できません。ファクタリングを融資やローン手段として検討している場合は注意しましょう。

個人間(取引先が個人)の売掛債権は審査落ちする場合が多い

個人事業主・フリーランスがファクタリングを利用する際は、個人間(取引先が個人)の契約でないか確認しておきましょう。

一般的に取引先が個人事業主やフリーランスの場合、社会的信用が低い傾向にあります。

取引先の情報を参照できなかったり、すぐに連絡が取れなかったりするため、ファクタリング会社の中には売掛先を事業会社に限定しているケースも少なくありません。

売掛債権の発行元が個人の場合は、ファクタリング対象なのかチェックしておくことが重要。

例え事業会社だったとしても、事業所・固定電話・公式サイトが確認できない場合は審査に通りづらい可能性があります。ファクタリングに利用できる取引先なのかを事前に確認しておくことで、スムーズに手続きを進められるでしょう。

建築業特化型ファクタリング業者の選び方!契約時の注意点

建設業界に特化したファクタリング会社を利用する際は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 売掛先(取引先)にバレたくないなら2社間ファクタリング
  • 審査時に必要な売掛債権は請求書?注文書?事前に確認
  • 急ぎの資金調達をご希望の方は最短即日入金の業者を選ぶ

それぞれ順に解説します。

売掛先(取引先)にバレたくないなら2社間ファクタリング

ファクタリングの利用を売掛先(取引先)にバレたくないなら、2社間ファクタリングを提供している会社を選びましょう。2社間ファクタリングとは、利用者とファクタリング会社の2社で契約を結ぶ方式です。一方、3社間ファクタリングとは、利用者・ファクタリング会社・売掛先の3社で契約を結ぶ方式です。

3社間ファクタリングを利用する場合、必ず契約完了までにファクタリング会社と売掛先で手続きが発生します。結果的にファクタリングの利用がバレてしまい、今後の取引に影響を及ぼすリスクがあります。

しかし、2社間ファクタリングであれば利用者とファクタリング会社の2社で契約が完結するため、外部にサービスの利用がばれることはありません。2社間ファクタリングなら、外部にバレることなく安心して資金調達を実現できるでしょう。

3社間の方が手数料が安く審査通過率も高い傾向にある

3社間ファクタリングは取引先にサービスの利用がバレてしまうデメリットがある一方で、手数料が2社間より安く審査通過率も高い傾向にあります。

3社間ファクタリングは契約前に売掛先まで確認が取れるため、2社間に比べて不良債権になるリスクが低いです。

売掛債権が回収不能になるリスクが低いことから、ファクタリング会社側も安心して現金化が可能になります。結果的に2社間より3社間の方が、コストを抑えて高い審査通過率でファクタリングを利用できます。

審査時に必要な売掛債権は請求書?注文書?事前に確認

通常のファクタリングを利用する場合は、事前に準備が必要なのは請求書です。

ファクタリングにおける売掛債権は請求書を指しており、手続きを行う上で最も重要な書類となります。契約書や注文書が揃っていたとしても、請求書がなければファクタリングを利用できない可能性も高いためあらかじめ注意しましょう。

また、注文書ファクタリングを利用する場合は、請求書ではなく注文書が必要です。

注文書とは案件を受注した際に発行される書類で、注文書ファクタリングなら請求書よりも早いタイミングで資金調達を実現できます。ただし、ファクタリングの契約には請求書以外の書類も必要になるケースが多いです。身分証明書や契約書などの提出を求められるファクタリング会社も多いため、事前に必要書類を確認しておくと安心でしょう。

急ぎの資金調達をご希望の方は最短即日入金の業者を選ぶ

すぐに現金が必要な場合は、最短即日入金に対応している即日ファクタリングを選びましょう。ファクタリング会社の中には、申し込みから審査から入金までを当日中に実施してくれるケースがあります。

最短即日入金に対応しているファクタリング会社なら、急ぎで資金調達をする必要のある事業者にも最適です。近年は即日入金に対応しているファクタリング会社も増えているため、申し込み前にチェックしておきましょう。

即日入金を希望するなら2社間ファクタリングの契約が必須

最短即日入金のファクタリング会社を選ぶなら、2社間ファクタリングの契約が必須です。3社間ファクタリングの場合、契約前に売掛先へ確認が必要となるため、当日中の入金は難しいでしょう。

一方、2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社で契約が完結します。ファクタリング会社が審査を通過させるだけで資金調達ができるため、即日入金を希望するなら2社間ファクタリングが必須と言えるでしょう。

審査〜入金までオンライン・WEB完結の業者に申し込む

最短即日入金のファクタリング会社を利用する際は、契約手法についても事前にチェックしておきましょう。審査〜入金までの流れがオンライン完結型のファクタリングがおすすめです。

オンライン完結型のファクタリング会社の場合、対面での折衝や書類の確認などコミュニケーション面を省くことでスピードアップを実現します。

対面契約が必須のファクタリング会社だと、実質的に入金は翌日以降になってしまうためタイミングに合わせて判断しましょう。

公式HPに記載の手数料は上限と下限の両方をチェックする

ファクタリング会社を選ぶ際は、公式HP記載されている下限と上限の手数料をチェックしましょう。

多くのファクタリング会社は最低の手数料金額を記載しています。ファクタリング会社の多くは、手数料を申し込み金額と連動させて算出しています。

また、多くの場合は下限よりも高い手数料を請求される傾向にあります。そのため、事前に手数料上限の把握が必要といます。上限値を把握しておくことで、具体的に算出できる数値や手元に残る金額を把握できるでしょう。

売掛債権の二重譲渡は刑事罰の可能性があるので要注意

ファクタリング会社を利用したことのある事業者の場合、売掛債権の二重譲渡に気をつけましょう。売掛債権の二重譲渡が発生すると刑事罰とされる可能性があるため注意が必要です。

ファクタリングにおける売掛債権の二重譲渡とは、一つのファクタリング会社で買い取ってもらった売掛債権を別のファクタリング会社で別途買い取ってもらうことを指します。

ファクタリング契約は会社と利用者で契約を進めるため、二重譲渡が発生すると1社にしか入金が行われなくなってしまいます。結果的に2社目のファクタリング会社へ売掛債権の入金が行われなくなってしまいます。

結果的にファクタリング会社は不良債権となり機会損失となるため、詐欺罪や横領罪などの罪に問われる場合があります。

刑事罰だけではなく損害賠償を請求される場合もあるため、事業者として大きな損失が発生してしまいます。

万が一、二重譲渡が発生して事業運営が難しくなると「免責不許可事由」に該当する恐れがあるため、自己破産もできなくなるリスクがあります。

免責不許可事由とは、自己破産による免責が認められないケースのことで、ギャンブルや浪費など借金を作った原因によっては借金の免責が認められないことがあるのです

引用:免責不許可事由とは? 該当する11のケースと免責が下りる裁量免責を解説

そのため、売掛債権の二重譲渡は発生しないようにあらかじめ注意しましょう。

オススメの士業マッチングを依頼する
士業紹介をご希望の方はこちら
ご相談・お問い合わせはこちら
お問い合わせ
single-post