必要書類が少ないファクタリング6選【2024年最新】


最終更新日:

「ビジネスを運営する上で、資金調達の手段としてファクタリングを考えたことはないでしょうか?」

特に、資金繰りに困っている時、請求書だけでファクタリングができれば便利ですが、実はそう簡単ではありません。多くのファクタリング業者では、請求書を含めて最低2点の書類が必要となります。

これには売掛先との入出金明細書、法人の場合は商業登記簿謄本などが含まれます。

しかし、必要書類が少ない業者も存在し、それらの特徴やメリット、デメリットを理解することは、適切な資金調達方法を選択する上で重要です。

この記事では、請求書のみでファクタリングができない理由と、必要書類が少ないファクタリング業者に焦点を当て、その特徴と利点を詳しく解説します。

必要書類が少ないファクタリング6選!最低2点

必要書類が少ない(最低2点)ファクタリング業者6選

ファクタリングを利用する際、必要とされる書類は業者によって異なります。しかし、書類が少ない業者を選ぶことで、手続きの簡素化と迅速な資金調達が可能になります。

ここでは、必要書類が少ないファクタリングの下記6社を紹介します。

これらの業者は、書類の提出が少なくても、安全かつ効率的なファクタリングサービスを提供していますので、ファクタリングの利用を検討している方は参考にしてください。

QuQuMo

QuQuMo
手数料 1%~
入金速度 最速2時間
審査通過率
利用対象者 法人・個人
利用可能額 要問合せ
必要書類 請求書・通帳
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 不要

QuQuMoは、オンラインで完結する手続きを提供し、どこからでも、スマートフォンやパソコンを使用して簡単に申込が可能です。この手軽さが、多くの利用者にとって魅力的です。

また、QuQuMoの大きな特徴は、申込から入金までのスピードです。最速で2時間以内に入金が完了するため、急な資金調達が必要な場面において非常に有効です。この迅速さは、ビジネスの柔軟性を大きく高める要因となります。

さらに、QuQuMoは柔軟な対応をおこなっており、金額上限がなく、少額から高額までのファクタリングに対応しています。これにより、さまざまな規模の資金需要に応えることが可能です。

取引先に通知なしでの2社間契約をおこなうことも、QuQuMoの利点の一つです。これにより、取引関係に影響を与えることなく、安心してファクタリングを利用できます。

また、業界トップクラスの低い手数料が特徴です。低コストでの資金調達が可能なため、コスト削減に貢献します。

法人様や個人事業主様でも、売掛金さえあれば取引が可能です。また、債権譲渡登記の設定が不要で、履歴に残らない点も、利用者にとって安心材料です。

必要な書類は請求書と通帳のみであり、面倒な書類は不要という点も、手続きの簡素化に寄与しています。このように、QuQuMoは迅速で柔軟、低コストなファクタリングサービスを提供しており、多くのビジネスオーナーにとって頼りになる存在です。

オンライン完結型
QuQuMoの公式HP

ラボル

ラボル
手数料 10%
入金速度 最短60分
審査通過率
利用対象者 法人・個人
利用可能額 要問合せ
必要書類 本人確認書類・請求書・取引を示すエビデンス(取引先とのメールなど)
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 要問合せ

ラボルは業界最速水準の最短60分入金を実現しています。銀行の営業時間に制限されず、24時間365日振込を提供しています。この迅速な対応は、急ぎの資金ニーズに対して大きなメリットをもたらします。

次に、WEB完結での申込プロセスが簡単です。面談不要で、決算書や入出金明細、契約書などの面倒な書類は基本的に不要です。この手軽さが、多くの利用者にとってメリットとなるでしょう。

さらに、ラボルは幅広い買取対象を持っており、他サービスで断られた方や新規の取引先でも、業種・職種問わず利用可能です。これにより、さまざまなビジネスシーンでの利用が可能になります。

秘密厳守の方針もラボルの特徴の一つです。取引先に利用が知られることはなく、電話や郵送による連絡も一切ないため、安心してサービスを利用できます。

また、少額からの資金調達が可能で、手数料は一律買取額の10%のみです。これにより、必要な金額のみを調達でき、経済的な負担も軽減されます。

必要書類は、本人確認書類、請求書、取引を示すエビデンス(取引先とのメールなど)です。これにより、書類提出の手間が少なく、スムーズなプロセスが実現されます。

以上の点から、ラボルは迅速かつ手軽に資金調達が可能なファクタリングサービスを提供しており、多くのビジネスオーナーにとって頼りになる存在です。

今すぐ無料お問い合わせ
お問い合わせはこちら

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリング
手数料 10%
入金速度 最短10分
審査通過率
利用対象者 法人・個人
利用可能額 要問合せ
必要書類 freee連携情報・本人確認書類
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 要問合せ

ペイトナーファクタリング(旧yup 先払い)は、その手軽さと迅速なサービスで選ばれるファクタリング業者です。

まず、ペイトナーファクタリングは、事業計画書などの書類提出が不要です。金融系サービスを利用する際に手間がかかりますが、ペイトナーファクタリングではAIによる審査を採用しており、煩わしい書類提出が省略されます。これにより、手続きがスムーズに進み、ユーザーにとって利便性が高まります。

次に、ペイトナーファクタリングは、最短10分で振込が可能です。請求書を登録した当日に振込がおこなわれるため、急ぎの資金調達にも対応できます。また、会員登録をした当日から利用開始できるので、スピーディーにビジネスを進めることが可能です。

さらに、利用料は10%という低コストです。初期費用や月額費用が0円であるため、利用者にとっては経済的な負担が少なく、手軽にファクタリングサービスを利用できます。

必要書類については、freee連携情報と初回のみ本人確認書類が必要です。これにより、書類の提出が簡略化され、プロセスがさらに効率化されます。

以上の特徴から、ペイトナーファクタリングは、書類提出の手間がかからず、迅速かつ低コストで資金調達が可能なファクタリングサービスです。これらの点が、多くのビジネスオーナーや個人事業主にとって魅力的な理由となっています。

今すぐ無料お問い合わせ
お問い合わせはこちら

ビートレーディング

ビートレーディング
手数料 要問合せ
入金速度 最短2時間
審査通過率
利用対象者 法人・個人
利用可能額 要問合せ
必要書類 債権に関する資料(請求書、注文書等)・通帳のコピー(2ヶ月分)
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 要問合せ

ビートレーディングの最大の特徴は、即日の資金調達が可能であることです。スピード審査を実施しており、最短で2時間以内に審査が完了します。この迅速さは、急な資金ニーズに対応する際に非常に有効です。

次に、ビートレーディングはクラウドサインを導入しており、PCやスマートフォンを使用してオンラインで契約が完結します。このシステムにより、手続きが簡単かつ迅速におこなわれ、利用者にとって手間が少なくなります。

審査資料に関しては、債権に関する資料(請求書、注文書等)と通帳のコピー(2ヶ月分)の2点のみが必要です。これにより、書類提出の手間が大幅に削減され、プロセスの効率化が図られます。

ビートレーディングは豊富な取引実績を持っており、月間契約数は1,000件に達しています。これは、同社のサービスが多くのビジネスオーナーに信頼されている証です。

さらに、最大買取率は98%と非常に高く、確度の高い資金調達が可能です。これにより、売掛金の大部分を現金化できるため、資金繰りに大きな助けとなります。

また、受注時点での注文書ファクタリングにも対応しており、取引の早い段階で資金調達がおこなえます。これにより、企業の柔軟な運営が支援されます。

以上の点から、ビートレーディングは迅速で簡単、かつ高い買取率を誇るファクタリングサービスを提供しており、幅広いニーズに応える業者です。

今すぐ無料お問い合わせ
お問い合わせはこちら

Payなび

Payなび
手数料 要問合せ
入金速度 最短60分
審査通過率
利用対象者 法人・個人
利用可能額 要問合せ
必要書類 決算書(個人事業主の場合は確定申告書)・請求書・直近3ヶ月分の入出金明細
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 要問合せ

Payなびは、ファクタリングサービスを提供する企業で、特に迅速な審査と資金化のプロセスが特徴です。

まず、1つ目のポイントは、審査落ちのリスクがほぼ無いことです。Payなびは、審査通過率の実績を重視したファクタリング会社と提携しており、申込者が審査を通過しやすい環境を提供しています。これにより、多くの企業や個人事業主が安心してサービスを利用できます。

次に、資金化までのスピードです。Payなびでは、最短30分で審査が完了し、60分以内に即日資金化が可能です。この迅速さは、急な資金ニーズに対応する上で大きな強みとなっています。

3つ目のポイントは、手数料が安いことです。Payなびでは、複数のファクタリング会社の手数料を比較検討できるため、利用者は最もコストパフォーマンスの高いサービスを選択できます。この仕組みにより、手数料を抑えた資金調達が実現します。

必要な書類に関しては、決算書(個人事業主の場合は確定申告書)、売却する請求書、直近3ヶ月分の入出金明細が必要です。これらの書類を提出することで、スムーズにファクタリングの手続きを進められます。

以上の点から、Payなびは、審査の通過率が高く、迅速な資金化が可能で、かつ手数料を抑えたサービスを提供しているファクタリング業者です。これらの特徴により、多くのビジネスオーナーにとって有益な選択肢となるでしょう。

今すぐ無料お問い合わせ
お問い合わせはこちら

けんせつくん

けんせつくん
手数料 5%~
入金速度 最短2時間
審査通過率
利用対象者 法人・個人
利用可能額 要問合せ
必要書類 商業登記簿謄本・印鑑証明書・会社の業績が確認できる資料・基本契約書・個別の契約書や発注書・納品書・請求書・過去の入金の確認ができる通帳
契約方法 2社間
債権譲渡登記の有無 要問合せ

けんせつくんは、建設業界に特化したファクタリングサービスを提供する企業で、その特徴は多岐にわたります。

けんせつくんの大きな特徴の一つは、請求書だけでなく、受注時の注文書でも資金調達が可能であることです。これにより、取引の早い段階で資金調達がおこなえ、事業の運営がスムーズになります。

また、審査開始から最短2時間で資金調達が可能であり、業界最速の対応を実現しています。このスピード感は、急ぎの資金ニーズに対して大きなメリットをもたらします。

さらに、スマートフォンだけで全国対応可能なウェブ申し込みシステムを採用しています。これにより、場所を問わずに手軽にサービスを利用でき、利便性が高まります。少額でも、個人事業主でも利用が可能です。

建設業界の事業者に特化しており、業界経験者のスタッフが担当します。これにより、業界特有のニーズに精通したサポートを受けられます。

また、業界最安水準の5%から始まる手数料設定が特徴です。この低い手数料により、お客様の負担が軽減され、資金調達のハードルが下がります。

必要書類については、商業登記簿謄本、印鑑証明書、会社の業績が確認できる資料、基本契約書、個別の契約書や発注書、納品書、請求書、過去の入金の確認ができる通帳が必要です。

以上のように、けんせつくんは、建設業界に特化した迅速かつ利便性の高いファクタリングサービスを提供しており、業界最安水準の手数料で多くの事業者にとって魅力的な選択肢です。

ファクタリングが請求書のみで利用できない理由

請求書

ファクタリングとは売掛金を現金化するサービスで、キャッシュフローの改善が期待できます。

しかし、請求書のみでは不十分な理由があります。理由の一つとして、リスク管理が挙げられます。

ファクタリング業者は、売掛金の支払いが確実であることを確認する必要があります。そのため、請求書だけでなく、売掛先との取引実績や入出金明細書など、追加の情報が求められるのです。

さらに、企業の信用状態を評価するためにも、商業登記簿謄本や印鑑証明書などが必要になることがあります。これらの書類は、企業の法人格や責任者を明確にし、取引の信頼性を高めるために重要です。

以上のように、ファクタリングは単に請求書があれば良いというわけではなく、売掛金の確実な回収と、企業の信用状態の確認のために、複数の書類が必要となります。これにより、リスクを管理し、安全な取引を実現できるのです。

ファクタリングは最低でも必要書類が2点必要

請求書と通帳のコピー

ファクタリングを利用する際、最低限必要な書類は2点あります。

  • 入出金明細書
  • 請求書(注文書)

請求書は、取引の基本情報として、売掛金の金額や支払期日などを示します。これにより、ファクタリング業者は取引の概要を理解できます。

一方、入出金明細書は、取引の実際の流れを証明するために必要です。この書類には、売掛先からの支払いの実績や、取引先との関係が記載されており、ファクタリング業者にとって重要な情報源となります。

この2点の書類を提出することで、ファクタリングの審査が進行し、迅速な資金調達が可能になるのです。

売掛先(取引先)との入出金明細書は3ヶ月分は用意する

ファクタリングの審査過程において、売掛先(取引先)との入出金明細書は非常に重要です。特に、過去3ヶ月分の明細書が必要とされる理由を説明します。

まず、入出金明細書とは、売掛先との取引履歴を示す書類であり、取引の実態や安定性を証明する役割を果たします。ここで、3ヶ月という期間が重要となるのは、この期間が取引の安定性や継続性を判断する上での一つの指標となるからです。

3ヶ月分の明細書を提出することにより、ファクタリング業者は、売掛先との取引が単発的ではなく、一定期間継続していることを確認できます。また、取引の周期や金額の変動も把握しやすくなり、売掛金の回収リスクをより正確に評価することが可能になります。

さらに、過去の取引実績が明確になることで、ファクタリング業者はその企業の信用度をより適切に判断できるようになります。このように、3ヶ月分の入出金明細書は、ファクタリングの審査において重要な役割を果たし、よりスムーズで安全な資金調達を実現するために不可欠な書類です。

請求書は支払いサイトの長さによって手数料が変わる

ファクタリングにおいて、請求書の支払いサイトの長さは、手数料に影響を与えます。

支払いサイトとは、商品やサービスを提供した後、代金が支払われるまでの期間を指します。この期間が長いほど、ファクタリング業者は高いリスクを負うことになり、その分、手数料が高く設定される傾向があるため注意しましょう。

具体的には、支払いサイトが長い場合、売掛金の回収が遅れるリスクが高まります。これにより、ファクタリング業者は資金の回収が不確実になると考え、そのリスクをカバーするために手数料を高く設定します。

このように、支払いサイトの長さは、ファクタリングのコストに直接関わってきます。そのため、ファクタリングを利用する際には、支払いサイトの長さを考慮し、手数料の負担がどの程度になるかを事前に把握しておくことが重要です。

これにより、資金調達の計画をより効果的に立てられます。

支払いサイトが長い請求書は手数料が割高になる傾向に

先程解説したようにファクタリングにおいて、支払いサイトが長い請求書では、手数料が割高になる傾向にあります。

支払いサイトが長い場合、ファクタリングを提供する業者にとってのリスクが高まります。具体的には、支払いサイトが長いと、売掛金の回収が遅れる可能性が高くなり、その結果、債務不履行のリスクが増加します。

業者はこのリスクをカバーするために、手数料を高く設定することが一般的です。例えば、支払いサイトが30日の場合と90日の場合を比較すると、後者の方が手数料率が高くなります。

これは、業者が長期間にわたって資金を貸し出すことになるため、そのリスクを反映しています。このように、支払いサイトの長さは、ファクタリングの手数料に大きく影響を与えます。

法人の場合は商業登記簿謄本や印鑑証明書が必要な場合も

法人の印鑑

法人がファクタリングを利用する際には、商業登記簿謄本や印鑑証明書が必要な場合があります。

まず、商業登記簿謄本とは、法人の登記情報が記載されている公的な書類です。これには、法人の名称、所在地、代表者、資本金などの基本情報が含まれています。ファクタリング業者は、この書類を通じて、法人の正確な情報を確認し、取引の信頼性を判断します。

一方、印鑑証明書は、法人が使用する印鑑の登録情報を証明する書類です。これにより、取引に関する書類に押された印鑑が法人により登録したものであることを確認できます。特に、ファクタリングにおいては、契約書や請求書など重要な書類に使用されるため、その真正性を保証するために重要です。

以上のように、商業登記簿謄本や印鑑証明書は、法人の正式な情報を証明し、取引の透明性と安全性を高めるために必要です。ファクタリング業者はこれらの書類を基に、法人の信用度を評価し、取引のリスクを管理します。

そのため、法人がファクタリングを利用する際には、これらの書類の提出が求められる場合があります。

必要書類が少ないファクタリングの特徴!メリット・デメリット

ファクタリングにおいて、必要書類が少ない業者の選択は、手続きの簡素化と迅速な資金調達を実現する重要なポイントです。書類が少なければ、手間と時間を省き、スムーズに資金調達が可能となります。

ここでは、そのような業者の特徴とメリット・デメリットについて解説します。これにより、ビジネスオーナーや個人事業主がファクタリングサービスを選択する際の判断材料を提供します。

審査が甘い傾向!個人事業主・フリーランスでも利用可

必要書類が少ないファクタリングサービスの特徴の一つに、審査が甘い傾向にあります。通常、ファクタリングの審査では、企業の財務状況や取引実績を詳細に確認するため、多くの書類が必要となります。しかし、書類が少ない業者では、限られた情報でも審査をおこなうため、審査基準が比較的緩和される傾向があります。

この審査の甘さは、個人事業主やフリーランスにとって大きなメリットです。通常、個人事業主やフリーランスは、財務状況の証明や取引実績の確認が難しい場合が多く、ファクタリングの利用が困難なことがあります。しかし、必要書類が少なく審査が甘い業者を選べば、これらの障壁を乗り越えやすくなります。

このように、必要書類が少ないファクタリングサービスは、審査が甘く、個人事業主やフリーランスでもアクセスしやすいという特徴があります。これにより、多様なビジネスオーナーが資金調達の機会を得られるのです。

最短即日入金!お申し込みから入金までのプロセスが早い

必要書類が少ないファクタリングの大きな特徴とメリットの一つは、即日ファクタリングが可能であることです。通常のファクタリングでは、複数の書類の提出とそれに伴う審査プロセスが必要であり、入金までに時間がかかることがあります。しかし、書類が少ない業者では、必要な情報が限定的であるため、審査が迅速におこなわれます。

この迅速な審査プロセスにより、ファクタリングの申込から入金までが最短即日で完了することが可能になります。特に、緊急の資金調達が必要な場合や、ビジネスのチャンスを逃したくない場合に、このスピードは大きなメリットとなるでしょう。

また、オンライン・WEB完結のプロセスが多いため、どこからでも申込が可能であり、手続きの手間が省けます。これにより、ビジネスオーナーや個人事業主は、時間と労力を節約しながら迅速に資金を調達することが可能です。

このように、必要書類が少ないファクタリングサービスは、迅速な入金プロセスを提供し、ビジネスの機動性を高める重要な役割を果たしています。

オンライン・WEB完結のファクタリング業者がほとんど

最短即日で入金が可能なファクタリングサービスの背景には、ほとんどの業者がオンライン・WEB完結のプロセスを採用していることがあります。これにより、従来のファクタリングにおいて時間を要していた面談や書類の郵送といったプロセスが不要となり、大幅な時間短縮が実現されます。

オンライン上での手続きは、申込から審査、契約まで迅速におこなえ、結果的に資金の振込までの時間を短縮することが可能です。また、地理的な制約もなくなるため、全国どこからでもアクセス可能であり、手続きの利便性が向上します。

このように、オンライン・WEB完結のプロセスは、ファクタリング業者と利用者双方にとってメリットが大きく、最短即日入金を実現する重要な要因となっています。ビジネスの機動性を高めるために、迅速な資金調達が求められる場合には、このようなオンライン・WEB完結のファクタリングサービスが適していると言えるでしょう。

2社間は業者側のリスクが大きいため手数料が比較的高い

取引が2社間ファクタリングであることにより、手数料が比較的高くなる点はファクタリングのデメリットです。2社間ファクタリングとは、売掛金を持つ企業(売主)とファクタリング業者の間でおこなわれる取引を指し、売掛先(買主)はこの取引に直接関与しません。

この取引形態では、ファクタリング業者が売掛金の支払いリスクを全て負うため、そのリスクをカバーするために手数料を高めに設定することが一般的です。具体的には、売掛先が支払不能となった場合の損失リスクや、資金を長期間にわたって前払いする際の資金コストが手数料に反映されます。

このため、必要書類が少なくても迅速な資金調達が可能なファクタリングサービスを利用する際には、比較的高い手数料が発生する可能性があることを理解し、そのコストとメリットを総合的に考慮する必要があります。資金調達のコストを最小限に抑えたい場合には、手数料の上限値を確認し、複数の業者を比較検討することが重要です。

お申し込み前に手数料の上限値を確認してシミュレーション

ファクタリングを利用する際には、リスクを軽減するために、申し込み前に手数料の上限値を確認し、シミュレーションをおこなうことが重要です。手数料の上限値とは、ファクタリング業者が売掛金の買取に際して請求する料金の最高限度を指します。

事前にこの上限値を把握することで、資金調達の際に発生するコストを予測し、計画的な資金管理をおこなえます。シミュレーションをおこなうことで、実際にファクタリングを利用した際の手数料の負担を具体的に理解でき、資金調達の利便性とコストのバランスを検討することが可能です。

これにより、不意の高額な手数料に驚くことなく、資金調達の計画を立てられ、ファクタリングの利用をより効果的におこなえます。

初回取引・取引歴が浅い売掛債権だと審査落ちの可能性

必要書類が少ないファクタリングのデメリットの一つに、初回取引や取引歴が浅い売掛債権の場合、審査落ちする可能性があることが挙げられます。この理由は、ファクタリング業者が売掛金の回収リスクを評価する際に、取引先との安定した取引実績を重要視するためです。

取引歴が浅い場合や初回取引の場合、ファクタリング業者は売掛先の信用度や支払い能力を十分に評価できないため、リスクが高いと判断されることがあります。その結果、審査に通らないことがあります。

このように、必要書類が少なく迅速な資金調達が可能なファクタリングサービスを利用する際には、取引歴の長さや安定性も考慮する必要があります。特に新規の取引先や取引歴が短い場合には、そのリスクを理解した上でファクタリングの申込をおこなうことが重要です。

個人間の売掛債権はファクタリング出来ない場合が多い

個人間の売掛債権がファクタリングできない場合があります。個人間の売掛債権とは、個人事業主やフリーランスが他の個人に対して持つ売掛金のことです。

これらの売掛債権は、通常の企業間取引に比べてリスクが高いとされています。その理由は、個人間取引の場合、信用情報や財務状況が不透明であることが多く、ファクタリング業者が売掛金の回収可能性を正確に評価することが困難であるためです。

また、個人が関わる取引では法的な手続きが複雑化する場合もあり、ファクタリング業者が回収リスクを避けるために、個人間の売掛債権の取り扱いを控えることが一般的です。このように、個人間の売掛債権は、ファクタリングサービスを提供する際のリスクが高いと判断されることが多いため、ファクタリングができない場合があります。

個人事業主やフリーランスがファクタリングを検討する際には、この点を考慮することが重要です。

オススメの士業マッチングを依頼する
士業紹介をご希望の方はこちら
ご相談・お問い合わせはこちら
お問い合わせ
single-post