「超低消費電力型光エレクトロニクス実装システム技術開発」に係る公募


クラウドコンピューティングの進展によって、データセンタ等での情報処理量が増大し、それに伴う電力消費量も今後急増することが予想されています。このため、IT機器等の高速化と低消費電力化を両立できる技術の実現が望まれています。

本プロジェクトでは、IT機器の省電力化・高速化・小型化を目的に、省電力かつ高速な光通信で電子素子間等を通信する集積光回路技術と電子回路技術が融合した新たな光エレクトロニクス技術を実現するための基盤技術を開発します。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する