外食産業等と連携した畜産物の需要拡大対策事業


「総合的なTPP等関連政策大綱」(平成27年11月25日TPP等総合対策本部決定、平成29年11月24日改訂)に即し、国産畜産物の競争力を強化し、輸出等需要フロンティアの開拓を図ることにより、攻めの農林水産業を推進することが必要となっております。
このため、畜産物を取り扱う外食・中食・加工業者等を対象に、新商品の開発、製造等を可能とする製造加工技術の開発等の取組を支援し、国産畜産物の需要拡大を通じ、我が国畜産の競争力強化を図るものです。

 

 

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する