情報バリアフリー事業助成金~チャレンジド向け通信・放送役務提供・開発推進助成金~


この助成金は、「誰もが等しく通信や放送のサービスを利用できる環境を整備」するための機器の開発やサービスの提供を行う事業を公募の対象としています。そのため、既存のサービスを障がいのある方(チャレンジド)でも利用できるようにするための機能の追加、プログラムの変更、インターフェースの改良など、新たな機器やサービスの開発以外も助成の対象になります。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する