マスク生産設備導入支援事業


日本国内において不足が懸念されているマスクについて、マスク関連原材料メーカー、マスクの成形メーカーなど「マスク生産事業者」が、マスクの更なる増産を速やかに実現するため、生産ラインの増強、新規生産ラインの設置や生産設備の導入等を行うための事業の経費の一部を補助することにより、日本国内でのマスクの安定的な供給量の確保を早期に実現することが目的です。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する
今なら1ヶ月無料!

公式Line@アカウント

お得な助成金情報をお送りします。

友だち追加

公式Facebook