「機能性化学品の連続精密生産プロセス技術の開発」


日本が強みを有する不均一系触媒の技術を用いて、省エネで効率的な連結フロー法に置き換えるための研究開発を産学連携研究体制で進めることにより、機能性化学品の連続精密生産が可能な多段階システムを開発し、生産プロセス・イノベーションを創出することを目的としています。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する
今なら1ヶ月無料!

公式Line@アカウント

お得な助成金情報をお送りします。

友だち追加

公式Facebook