「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの実用化)」のうち「自動走行システムの実現に向けた情報発信力の強化に係る調査事業」に係る公募


この事業は、自動運転に係る激しい国際競争の中で世界に伍していくため、自動車メーカーの協調領域となる世界最先端のコア技術(信号・プローブ情報をはじめとする道路交通情報の収集・配信などに関する技術等)を確立し、一般道で自動走行レベル3を実現するための基盤を構築し、社会実装するものです。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する