地元医師会、行政を交えた顔の見える多職種連携研修会への助成


市町村において在宅医療推進のための多職種のネットワークづくり、医療系、介護系、行政の参加を基本とする研修会費用の助成です。必須条件は、医師会(介護または在宅医療担当理事)および行政担当者が必ず参加していること、プログラムにグループワークを組み込むこと、地域包括ケアを目的とした在宅医療推進のための多職種連携研修会であることです。一事業所内、特定団体の会員等のみが参加する研修会は助成対象とならず、講演会、セミナーのみのプログラムには助成できません。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。
料金プランを確認する