小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>のポイント(1)


この記事では、今の時期にあった補助金であるコロナ特別対応型についてご説明いたします。

いつもの持続化補助金ではない??

ものづくり補助金、持続化補助金、IT導入補助金のいわゆる「生産性革命推進事業」において、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きに投資をする事業者の方をより支援をしていくために、普段の補助率とは違った補助率の上限額引き上げや特別枠の申請が可能になっています。

その中の持続化補助金は、普段であれば50万円が補助上限の制度ですが、コロナ特別対応型では、100万円まで引き上げがなされており、より手厚い補助を実現させています。

しかも、補助金は事業実施期間というものがあり、補助金の支給が決定(採択)された後に、決められた期間に発生した経費を支払わなければ、認められないのが原則ですが、持続化補助金<コロナ特別対応型>に関しては、令和2年2月18日以降に発生した経費であっても補助対象となる経費として認める、異例の対応をしているのも特徴です。

新たな持続化補助金<コロナ特別対応型>はこれだ!

コロナ特別対応型はその名の通り、新型コロナウイルス感染症が事業に打撃を与えていることにより、今のビジネスモデルを変更していかなければいけない状況下にいる一定の会社経営者や個人事業主の方に対し、地域の商工会や商工会議所に助言をしてもらいながら経営計画書を作成し、その計画に沿った地道な販路開拓に取り組むときにかかる費用の一部を補助する制度です。

一般型(今年も募集しています。)では補助される金額上限が50万円でしたが、コロナ特別対応型は最大100万円まで補助され、しかも補助率が取り組み内容によって2/3もしくは3/4とより手厚いことでより今の時期にあった補助金になっています。

締め切りも複数回!

コロナ特別対応型の申請においては、今年の一般型と同様に複数回の応募締切日が設けられています。
ですので、昨年までの制度に比べ、より余裕を持った申請作業をすることが可能になっています。
ですが、早い締切日までに申請すれば、採択される日程はおのずと早まりますので、スケジュール感を考えた申請手続き作業をされることをおすすめします。

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>スケジュール

公募開始:2020年4月28日(火)
申請受付開始:2020年5月1日(金)
第1回:2020年 5月15日(金曜日)「郵送必着」
第2回:2020年 6月 5日(金曜日)「郵送必着」
第3回:2020年 8月 7日(金曜日)「郵送必着」
第4回:2020年 10月 2日(金曜日)「郵送必着」

気をつけなければいけないのは、締切日に「必着」というところです。
当日消印有効ではありませんので、ギリギリの申請にはくれぐれもお気をつけください。

 

・小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>のポイント(2)へ
・吉野先生へのご相談はこちら

 

オススメの士業マッチングを依頼する
士業紹介をご希望の方はこちら
ご相談・お問い合わせはこちら
お問い合わせ

公式Line@アカウント

お得な助成金情報をお送りします。

友だち追加

公式Facebook